皆さんお盆休みを使った大型連休に突入されている方も多いと思われますがいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で帰省もままならないばかりかどこか旅行に行くことも遠慮しがちな昨今。

これに加えて連日の猛暑日。というわけで我が家は海か川かの協議の上、長男の鶴の一声で以前行ったことのあるダムの下流の公園に涼を求めて車を走らせたのですが、、、

考えることはどこの家庭も同じだったのか車が駐車場に入りきれず駐車場の入口には順番待ちの車があふれその周りには路中の車だらけ。

横幅2から3メートルの川には人がひしめき、正に密の状態であります。

即座にここはないなと判断しましたがみるみるうちに不安そうになる嫁子の顔。

でも、猟師のおっさんは知っています。ここの上流にもっと過ごしやすい小川とせせらぎのあることを。

大丈夫といって車をどんどん走らせます。どんどん標高も高くなり蚊もいなくなるところまで来ました。ここは猟期に鹿撃ちに行くときによく通る道で山や林道も詳しく精通していましたし、なんならその上流の川で渓流釣りをしたこともあるのです。

ルアーマガジンリバー・エクストラ 『渓流釣り αの楽しみ方』 (Naigai Mook)新品価格
¥1,980から
(2020/8/11 18:01時点)

ここで声を大にして言いたい「猟師のご家族の皆様へそういうメリットもたまにはあるのです」他は野生動物を持って帰ってきて捌いたり泥だらけの衣服や靴が家に持ち帰られるなどのデメリットもありますが。

だからこそこういう時こそ声を大にして言いたい!旦那が猟師の...

...あまり言いすぎると逆に普段どれだけ迷惑かけてるんだという事にもなりかねませんしね。

すぐに涼が取れそうな浅瀬と中洲を見つけてレジャーシートを敷き椅子を組み立てます。

今回はコーヒーと甘いものくらいでしたが次回はBBQなどもありかも。

今日の魔法=猟師の知識は家族サービスにも役に立つ(声を大にして)

渓流2019 夏 2019年 7月号 [雑誌]: つり人 増刊新品価格
¥1,980から
(2020/8/11 18:03時点)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です