よく様々なブログでも猟に行く専用の車についてテーマになったりするのを見かけます。

いろんな意見がありとても面白いですね。

人気なのはハイゼットデッキバン、スズキジムニー辺りではないでしょうか。

そして不動のキング軽トラ。林道や農家さんの農道なんかも軽トラ基準で整備されていると聞きますし猟に使われている方が圧倒的に多いのも当たり前ですね。

軽トラックパーフェクトマニュアル?軽トラックで人生をもっと楽しむための本 (ものづくりブックス)中古価格
¥1,318から
(2020/9/28 11:48時点)

自分も数年に渡り様々な思いを巡らせ現在は次に猟の車を買う時には専用にハイゼットデッキバンが欲しいともう何年も思っております。

まあどの車にも共通して言えることは道の狭い林道やけもの道を藪漕ぎ状態で車を走らせるのですからボディは木の枝や硬い砂利道でこすれ痛んでいきますし。

また、一番怖いのが脱輪でこれには4輪駆動ではないとどうにもなりません。

以前車を2台持ちしていたころ、軽の2駆を使っていた私はぬかるんだ道に山の中でハマり農家の方に助けを求めトラクターで引っ張り出してもらったことがありました。

なので四駆であることは必然になってきます。

私の場合これに加えて冬のスキー場や夏のマリンスポーツの砂浜に入っていくのでそれを満たして、猟にも行けて家族も乗せてとなっている現状で活躍してくれているのが日産エクストレイルなのです。

しかし、今年私はやってしましまいました。

それがこちら。

物凄い狭い林道を台風後走っていた時のところ獲物の痕跡を見つけながら走らせていると台風で横倒しになった木々にミラーの一部が枝にぶつかり破損。

まだそれだけなら良かったのですがとうとう最近自開閉機能に反応しなくなりました。

おそらく破損部から水が入りモーターか電気系統にトラブルが生じているものと思われます。

嫁も乗ったりするので苦情が既にきておりまして、そういった意味でも藪の中突っ込んでいってもいい狩猟車が欲しいですね。

新しいミラー(中古)をヤフオクで購入。

近々修理交換作業に取り掛からないといけませんね。

猟やっているいろいろ付随して作業が出てきます、、、、

いや、運転が下手なだけか。

今日の魔法=狩猟の車は外見よりも四駆が必然

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です