いよいよ猟期を前にして渡り鳥達も相当数飛来してきております。

駆除で池を覗くと非狩猟鳥獣に紛れてマガモやカルガモも至る所に入ってきてますし、森の中ではヒヨドリの声も活発になってきました。

森の中が猟期の雰囲気になってきております。

そう感じるのは鳥たちの声、澄んで冷えた空気、柿の木やミカンなどの果樹の匂い、冷えて枯れていく草花。

そのおりなす森の雰囲気が猟期の訪れを感じさせてくれるように思います。

駆除で毎週のように入っている山でも四季折々で見せる顔が違いますし。

毎年新しい発見や出来事があります。

今年はどんな猟期になるのでしょう今からとても楽しみであります。

ちなみに今回取れたマガモは鴨南そばに。

鴨肉を照り焼きして、炒めたねぎと合わせると最高の美味しさでした。

渡ってきたばかりのはずなのに丸々と太っていて脂の乗りも最高でした。

鴨肉、一瞬でなくなりました。

猟期を重ねるとともに捌き方、料理のグレードも少しづつ上がっている気がします。

そちらも含めて自分にとっては猟ですから。

今日の魔法=獲って食べるまでが猟。(漁も猟も料までが楽しみです)

品薄お一人様1点まで【鴨切り出し肉 1kg むね もも スライスミックス】送料無料 購入特典多数 鴨のお肉屋さん 大人気 数量限定 お得 国産 高級 最上鴨 鴨鍋 焼肉 ジンギスカン 鴨すき 山形県 大蔵村 生産責任者 加藤貴也価格:5,900円
(2021/10/25 12:48時点)
感想(108件)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です