本日は朝から物凄い豪雨でどうやら最近よく耳にする線状降水帯とやらがかかっているらしく大雨洪水警報や避難指示が出される中ですが十分に安全を確認したうえで箱罠の見回りに行ってきました。

すると途中でやはりこんな場面に出くわしました。写真は倒木ならぬ倒竹をどかして車一つ分を通れるようにした後の写真です。

写真ではわかりにくいのですが大きな竹2本が風でなぎ倒され車の道を完全にふさいでしまっていました。

二本とも右端に寄せたのですがそれでも車一つ通れる道が左車線にようやく出来た状態です。

お盆休み中ずっと天気が悪い予報になっておりますが、コロナ渦という事もありますしこれ以上自然災害まで増えるのはどうか勘弁してほしいものです。

明日からお盆休みという方も多いのではないでしょうか、自分が子供の頃はお盆の海には足を引っ張られるから入ってはいけないとさんざん親や大人達に言って脅されていました。

自分の地元では海を通ってあの世に帰っていくから近寄ってはだめだと、それと海の中の光るもの鏡とかを絶対に持って帰ってはいけないというのもありました。

今日がそうだったようにお盆の頃は気象状況も悪くなりやすいため高波や離岸流の発生が多く水難事故も昔から多かったのではないでしょうか。

それが、お盆と重なり死者に連れて帰られたという伝承になったのではないかと推察します。クラゲもお盆の後から多くなりますし、、(近年は海水温の上昇でお盆より前にクラゲも発生するようになってきていますが)

昔からの言い伝えには経験や根拠が基になっているものが多い気がします。だから決して侮ってはいけないと自分は思っています。自分の推察では計れない先人たちの経験や知識が根拠になっているものもあるかもしれませんから。

今日の魔法=お盆は海に入ってはいけない(海は死者の通り道だから)

じごくへいった三人 八月・お盆のはなし (行事むかしむかし) [ 谷 真介 ]価格:1,174円
(2021/8/12 18:56時点)
感想(0件)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です