今年は人間界でも新型コロナウイルスという憎きウイルスが登場し、人間の社会活動に大きな影を落としていますが。

鳥獣界においても前半期では豚コレラ、最近ではもっぱら鳥インフルエンザが猛威を振るい多くの養鶏場で多くの罪のない鶏たちが殺処分されるというニュースが日本各地で取りだたされ始めました。

鳥インフルエンザに関しては有力な説として渡りの時期になりき北方から渡ってきた渡り鳥達が持ち込んできたのだろうという説が有力なようで、先日銃砲店に散弾の買い足しに行った際には「鳥インフル気を付けなよ~」と半分脅されたりしたのですが。

果たして鳥インフル、豚コレラどの位人間に影響があるものなのでしょうか。

そこで詳しく調べてみました。先ず、「豚コレラ」

農林水産省のhpにも載っていましたが「豚やイノシシの病気であって、人に感染することはありません。仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても、人体に影響はありません。」とのこと。

ただ市場に出回ることは避けているようですので畜産農家の方々にとってみれば殺処分されてしまうのでかなりの死活問題です。

一応、個人的にはイノシシは獲っても食べても感染しないのでクリアですね。

次に「鳥インフルエンザ」です。簡潔にまとめると

1.鳥インフルエンザの人への感染力は弱いが鳥に濃厚接触すると感染することがある

2.感染した人から人への感染も起こりうるが持続的な感染は確認されていない

それを踏まえて厚生労働省のhpです。

鳥インフルエンザが発生した地域に渡航される方へと記述がありました

「発生地域にて鳥の羽をむしる、死んだ鳥に不用意に触ったり、糞が舞い上がっている場所でホコリを吸い込まないようにしましょう。」

ダソウデス(汗)これ下手したら猟師は素手で全部やってるんじゃないのか...

獲った鳥はむしるし(素手)。

何なら腸抜きフックなんか使わずに指で腸を引っ張り出すときだってあるし…

完全アウトジャナイデスカ(汗)

今シーズンはマスクしてビニール手袋をして羽をむしるしかないのか?

猟場でそんなことやるのめんどくさいな~

でも、万が一かかって万が一家族にかかりでもしたらもっとヤバいですよね。

皆さんはどうしますか?

今日の魔法=人間だけでなく鳥獣もウイルスと闘っているので猟師も少し気を付けよう

鳥インフルエンザの正体新品価格
¥1,320から
(2020/12/2 17:20時点)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です