新型コロナウイルスは本当に世界を変えてしまったのでしょうか。

もう、コロナウイルス以前の世界に戻ることはできないのでしょうか。

ネットでは声高々に新型コロナウイルスは世界を変えてしまったという論調が立ち並んでいます。

今まで満員電車の人混みに、もみくちゃになりながら都心の会社に出社していたのが在宅になりこれからはテレワークやリモートワークになる。

会議も顔を合わせることなくテレビ会議。

飲み会もオンライン飲み会。

ライブだってネットで自宅に配信。

もっとすごいのは旅行なんてVRによるバーチャル旅行。これが当たり前の世の中になると、、、、むしろメリットしかないと。

そういう記事が多かったです。

でも、私のようなアナログ人間は半分は頭では理解できても体が拒絶します。

飲み会だって人と人がともにその場で飲んでこそ得られる空気、臨場感が楽しいのだと思いますし。それは音楽やライブのグルーブ感だってそうだと思います。

そんなのって配信じゃ絶対に生まれません。

旅行なんてそこに行った時の天気やその場の匂い、その場所の様子を人間の有する五感をフルに使って得られた情報こそが旅をした記憶になるのではないでしょうか。

野球やサッカーやその他の多くのスポーツ観戦だってそう。

おそらく自分はなにより人という存在を感じたいのだと思います。

旅先でのその町の持つ匂いや街並みの様子はその町の人が出すものでしょうし。

ライブだってその素晴らしい音を聞いた聴衆が出す反応がグルーブとなりその場の臨場感を作ります。

飲み会も同じものを食べた時の仲間の反応やその店の方々の様子や店の匂いおもてなしを含めた人を感じるからこそ得られる幸福感があるのだと思います。

そのすべてが、人の感性がオンラインでは感じられないのです。

自分みたいなアナログ人間には感じにくいというのが正しいかもしれません。

至極当たり前のことなのですが、そんな普通の幸せが今回のウイルス騒動では奪われてしまいました。

いつか薬が出来てワクチンも出来て馴染みのバーでコロナビールが普通に飲める日常に早く戻りたいですね。

今日の魔法=もし、本当にオンライン世の中が進んでいった時のために、アナログの素晴らしさを記しておきたいのです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です