罠見回り、池探索用のKLX125の前輪を先日交換しましたが、ここだけで画像をたくさん撮ってしまったのでここでまとめておこうと思います。

それだけ写真を撮ったという事は後に生きる整備点が沢山あったという事。

先ず当たり前ですがこのピンを外さないことには作業が進みません。しかし、この割ピン後輪の物より小さいもので後輪の割ピンとは別に小さい割ピンのストックが必要です。

まあ後輪のようにチェーン調整などすることもないので次回もタイヤ交換の時くらいしか割ピンを抜くこともないのですが。

次にボルトを外しアスクルシャフトを抜きます。

KLX125はこのカプラーのシールの不具合でメーターの不具合が沢山出ているのでカプラー内に接点復活剤を注入。

このバイク用ジャッキでストレスフリーで作業が進められます。なんという安定感と安心感。

タイヤをリムから外していきます。何度もやっているとコツがわかって上達してきている気がします。つけるときはチューブを気付付けないように慎重にならないといけないから地獄ですが外すのはらくちんです。

外れたらタイヤを新しいのに交換し「片側だけ」リムに落とし込みます。ここで注意点チューブからつけて後からタイヤを付けようなんてことはできません。後輪の時に順番を間違え時間を大幅にロスしました。

過去の経験から今回はこのように着実に進めていきます。

バルブを穴から出すのにいつも手こずりますがレバーをうまく使う事でバルブを穴に出すことができます。

そして、新品タイヤ取り替え完了。

これでこれからの罠の見回りも、車で入れない林道も。通勤も子供たちの送り迎えも安心です。

作業時間1時間ほどで今回は終了。

今日の魔法=バイクメンテナンスは経験と道具がものを言いますね。

WEIMALL バイクリフト バイクジャッキ 耐荷重500kg ゴムマット付き バイクスタンド メンテナンス (レッド)新品価格
¥6,500から
(2021/5/10 12:54時点)
WEIMALL バイクリフト バイクジャッキ 耐荷重500kg ゴムマット付き バイクスタンド メンテナンス (レッド)新品価格
¥6,500から
(2021/5/10 12:54時点)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です