画面中央の何の変哲もないオフロードタイヤをよく見ていただきたい。

怪しく輝く尖ったものが皆様には確認できたであろうか。

突き刺さり、中のチューブまで達したこの鋭利な物質を。

おわかりいただけただろうか、、、そう。釘が刺さっているのである。

コロナウイルスで自粛が叫ばれている中、どこに飲みに行くこともなくただスーパーに寄っただけの男におきた惨劇である。

バイクにまたがり後ろに下がった時、何かが後ろで割れた音がした。

足もとを見ているとklxのリアタイヤの下でワンカップの瓶が破裂していたのである。

いたずらかどうかはわからない。ただうちに帰って念のため確認のためにリアタイヤを覗いたところ例の釘が刺さっていたのである。

ペンチで抜いてみた、、

即座にシューという音とともに釘の刺さっていた場所から空気が漏れ始めたのである。

これ以上抜けてはタイヤを転がすこともできないので釘を刺しなおしました。

別の角度を変えてもう一度。

立派な刺さりっぷりである。

コロナウイルスで運動不足だしタイヤが届いて組みなおすまで自転車通勤。

さらにはもうそろそろ寿命だと思っていたリアタイや交換。

どうせやらなければならなかったことだからまーいーかー。

今日の魔法=トラブルが起きても物は考えようによっては好転す

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です