日本列島に先週末襲い掛かった大寒波。

福井県では立ち往生で自衛隊まで出動し、大変な雪の量が日本海側に降り続く中。

私の雪山狂いの仲間たちはワクワクが止まらなかったようで高速道路が全面通行止め及び復旧のめどが立たない中、車で6時間半かけて一番雪質が最高だと思われる雪山を目指しました。

現地に着くと市街地で既に1m60以上積もっており朝早くから除雪車が動いてくれないと全く車が進められないような状況でした。

ICを降りて市街地からさらに1時間かけて雪山を目指します。

市街地を抜けて山道に、ここからはアイスバーンのカーブの嵐。下手に急ブレーキを踏もうものならアイスリンクと化した対向車との離合がギリギリの山道を車があっという間にスリップします。(当たり前ですがスタッドレスタイヤ履いてます)

スキー場に通じる3本の道のうち2本は雪による電柱の倒壊、林道の倒木で塞がれ。通じる道は1本のみ。

スタッドレスのうえにチェーンを巻いている車も沢山いましたが今回は我が家はスタッドレスのみ。

そして4駆でも関係ないのがアイスバーンの下り坂カーブ。

やはり滑りました。ブレーキ使っちゃったから。下り坂は4駆関係ないっすね。ブレーキ踏むとそのままズルズルと滑るは滑る。そのままハンドル操作で何とか事なきを得ましたが対向車いなくてよかったです。

そこからはアイスバーン下り坂は減速&エンブレの走行に厳守しました。

久しぶりに雪道の走行方法を自然に教えられました。

その日は結局、吹雪いて視界が悪すぎたためスキー場の目の前の宿で一泊し次の日にパウダースノーを滑ることが出来ました。

帰り道も前を走っていた車がスリップして目の前の道から滑落しそうになったり、スタッドレスを履いた普通自動車が坂道を登れなかったりと悲惨な光景を見ながら無事帰ってきました。

雪山も狩猟の山もやはり今後も4駆じゃないと無理だなーと実感しました。

ただアイスバーンの下り坂だけは要注意!

今日の魔法=アイスバーンの下り坂は四駆スタッドであってもブレーキを踏むと関係なく滑る

ピレリ スタッドレス 225/65R17 102Q 【4本セット】 PIRELLI WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS アイス・アシンメトリコ プラス 新品4本 3600700新品価格
¥28,169から
(2021/1/12 21:15時点)
【4本セット】 17インチ ダンロップ(Dunlop) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX SJ8 225/65R17 新品4本新品価格
¥58,149から
(2021/1/12 21:16時点)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です