新型コロナウイルスの影響を受けて全国的に自粛ムード。

外食をする人もめっきり少なくなり先輩から聞いた話、人間の生活に依存していたカラスなどは飢餓状態だそうです。

町中から飲食店などが出す生ごみがほぼ消えてなくなりましたから。

しかし、猟をするようになってからカラスの頭の良さには目を見張るものがあり例えば人間の顔や車の色や型を覚えたり。

仲間同士のコミュニケーション能力が高く、朝からミーティングをしていると真顔で話す先輩もいます。

そんな頭のいいカラスたちにとっても自分たちの餌となりうる人間の食べ残しが町から消えるのは確かに死活問題でしょう。

新型コロナウイルスの流行で一躍話題になったこのアマビエという名の妖怪。

豊作や疫病を予言する妖怪らしいのですがこれ鳥と魚の妖怪と思ってましたが、半人半魚ということで鳥は関係ないらしいのですが、、

個人的にはカラスと魚のあいの子だと思ってました。

この顔はどう見てもカラスだろうと、、人には見えない。

という事はカラスがお腹をすかせてもアマビエには関係ないのか。

そんなことより早く自粛が解けて山やら海やら川やら好きに遊びに行ける日が来るのことを待ち望んでおります。

個人的にはボート出して海の上なら全く人と会う機会もないし。

自分が行く山の中なんて人よりイノシシに合う機会のほうが多いから新型コロナウイルスより豚コレラのほうが気になるくらいなのですが。

こんな雰囲気のなか外出すること自体が家族から白い目で見られそうなのです。

アマビエさんなんとか人肌(サメ肌?)よろしくお願いします!

今日の魔法=日本人には八百万の神がついている!(あ、アマビエは妖怪かっ)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です