懸念していた花粉症も先日駆除に出た山の中では全く問題ありませんでした。

むしろ、街の中のほうが目の痒さや鼻水などの症状がひどくなる気がします。

そんなこんなで安心して休日は子供たちを連れてツクシ取りに行ってきました。

つくしが沢山毎年取れるこの場所の近くには長男が大好きなクヌギ林もありつくし取り終えた後にカブトムシの幼虫探しをすると張り切っていた長男。

まだそこそこしか出ていなかったツクシ取りを終えクヌギ林に向かいます。クヌギの腐葉土が多そうな場所を選んでスコップを動かしますがなかなか幼虫は出てきません。

しかし、沢山樹液が出ているクヌギの近くを掘り返してるとなんとクワガタが出てきました。

流石に死骸かと思いましたが思いっきり動いています。というか牙全開で怒り狂っています。

長男を呼ぶとカブトムシの幼虫の事はどこかに吹き飛んでしまったのかさっさと虫かごにクワガタを収納し帰り支度を整えています。

おそらく見つけた個体はスジクワガタでしょう。

越冬したのか、はたまた季節外れで出てきたのか定かではありませんが2月にクワガタを見つけたのは自分も初めてであります。

こんな時期、2月の末にクワガタが採取された面白い経験をした日曜日となりました。

今日の魔法=2月あたりでもクワガタは採取できることがある

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です