先日ブログにも上げていました通り小型ボートを購入したのですが。

船体がなかなかにいい具合にハゲ散らかっておりまして。

購入時からこれは塗装が必要になるなとは思っておりましたものの。

船の塗装という今までに自分でやった経験もなく、また船底の保護や牡蛎や藻の付着や防腐対策などもきっとあるだろうことが推測され普通のホームセンタ―にある塗料ではきっとダメに違いないという推測をし続けておりましたので船舶の塗装について本日調べてみました。

するといろいろ出てきました。

船底ををフジツボや牡蛎などの貝類から保護することで燃費が良くなること。

錆やカビなどによる腐食を防ぐこと。海水にさらされることで通常の2~3倍のスピードで錆が進むらしい。

皆さんもよく目にされると思いますが船底が赤く塗られている船をよく見かけられると思いますが、あれはデザインのためではないらしいです。錆止めの下地の上に色彩塗料の二重ガード、さらにその上に赤褐色の「亜酸化銅」を塗っているらしくこれは水棲動物が嫌う科学物質のためこれがその船底の色だという事なのです。

これは色々大変そうだぞ。そんなにいろんな塗料をどの順番に塗ったらいいのか。しかも、塗装前に汚れや錆、塩水などを奇麗に落とし、コンパウンドをかけて古い塗料を落として…

おーぅっ。めんどくせーなー。やる気がなくなってくるなー。後回しにしたいなとネットサーフィンの渦に巻き込まれ。

もう何も見なかったことにしようとしたその時。

これ一つでOKのようです。

なぜなら私のボートはカートップ用のFRP。

FRP船舶であればこれ一つで外板からデッキ部まで塗装が可能な高光沢の塗料という事。初心者にはもってこいですな。

日本ペイント FRPマリン 4kg ホワイト 外舷・デッキ・上構部に!価格:5,600円
(2020/6/4 16:01時点)
感想(5件)


【送料無料】ニッペホームプロダクツ FRPマリン ライトブルー 2kg|塗料・補修用品 塗料・ペンキ 特殊塗料
価格:4,010円
(2020/6/4 16:02時点)
感想(1件)

私の船の場合は船底が白。デッキが青だったので二種類あれば大丈夫。

実際の施工はまた後日。

今日の魔法=船舶の塗装は奥が深い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です