私、現在の年齢40歳、今年で41になろうとしているヒト科のオスですが。

年のせいからかこのような若輩者の私でも人前で話すことや物事を発信することが増えまして、アウトプットがインプットよりもかなりの時間を占めている状況にここ数年なってきている気がしています。

そしてそのような中とても気になって来たことが、なんだかいつも似たり寄ったり同じ様なことばかり話しているなと。

語彙力しかり自分の中の引き出しが少ないなーっとここ数年思い続けておりました。

そこでやはり本を読み漁るしかないなと。そう思ったわけです。

時間がないことを理由に本屋大賞の本や直木賞、芥川賞、ノーベル文学賞を取られた方の本など片っ端から買って本棚にしまい込んでいる私。いつか読もうと本の貯蓄を進めてきましたが今読まずにいつ読むんだと。

また、いろんな人に「人生が変わるような本や音楽に今まで出会ったことありますか」と聞いて回っています。もちろん狙いはその人の人生が変わったほどの文学や音楽などの価値を自分もインプットして人間の幅を広げたいからでした。

ただこれ、すぐに答えてくれるような人は稀有なお方で大部分ん~っと考え込まれてしまします。(正直迷惑そうです)

そりゃそうですよねそんな質問「今まで人生が変わるような恋をしたことってありますか」とほぼ同じようなこと聞いてるようなもんですよこれ。

間接的にその質問の後にはなんでそう思ったんですかという人の価値観をしかも今までの人生という価値観に土足で入り込んでいくような質問ですものね。

完全に面倒な男です。そしてその面倒な男に天罰が下りました。

先日教えていただいた書籍を夜飲みながらAmazonでポチポチやっておりましたら、上下巻の大作を重複して買っておりました。

飲んだ時にネットで買い物をするもんではありませんね。

しかし、自分の好きなジャンルの本から先に読み始めているためどうしても狩猟やアウトドア関係の書籍に偏るという傾向があります。

【中古】息子と狩猟に /新潮社/服部文祥 (単行本)価格:1,323円
(2020/6/15 11:46時点)
感想(0件)

皆様の人生を変えた本や文化なんでもいいので教えてください。

今日の魔法=飲んだ時のネットでの買い物は危険極まりない

【送料無料】 野生動物管理のための狩猟学 / 梶光一 【本】価格:3,520円
(2020/6/15 11:49時点)
感想(0件)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です